コンビニでシール作成できるって本当?やり方を知りたい!かかる費用は?

オリジナルのイラストや写真を使ってシールを作ることができたら、毎日の生活がとても楽しくて便利になります。

しかも、そのシール作成が頻繁に足を運んでいるコンビニでできたとしたら、とても便利ではないでしょうか。

コンビニでオリジナルシールを作成する方法を知っていれば、コンビニが空いている時にサッと足を運んで、買い物のついでにシール作りもできそうです。

コンビニでシール作成することはできるのか?

コンビニでシールを作るというと、マルチコピー機にシールの台座がセットされていて、テンプレートを選んで印刷するというイメージがあります。

しかし残念ながら、全国展開されているような大手のコンビニには、シール作成ができるマルチコピー機は設置されていません。

シールを作成する作業方法とは

オリジナルシールを作成するためには、写真やイラストなどの素材を、シール台座にプリントする必要があります。

イメージとしてはプリクラのようなもので、シールを作成する場合には、自分でテンプレートを選び、そこにお気に入りのイラストや写真などの素材を当てはめるという作業を行います。

ネットでオリジナルシールを制作できる業者のサービスを利用する際には、Webでこの作業を行います。

コンビニのマルチコピー機とは

コンビニに設置されているマルチコピー機の中には、写真を印刷できるなど、多種多様な用紙がセットされていることがあります。そして店によっては、プリクラのように紙が8分割や16分割となっているテンプレートがあります。

シール作成をするにはちょうど良いサイズ感なのですが、残念ながらこのテンプレートは裏がシールになっていません。

そのため、シール作成をするには、まず素材をコピー機から印刷した上で、シールを作る作業を自分で行う必要があります。

コンビニで印刷した写真をシールにする方法

コンビニのマルチコピー機を使うと、写真をツルツルの紙に印刷することは可能です。

この場合、紙の裏はシールになっていないので、シール加工したい時には自分で印刷の後にちょっとした工夫が必要です。

どんな風にDIYでシールを作れるのでしょうか?

ステップ1:まずは写真を印刷

最初に、コンビニのマルチコピー機を使い、写真を印刷しましょう。

写真やイラストのプリントアウトは、自宅のWebを利用して注文することができ、店舗受け取りにすると、コンビニに設置されているマルチコピー機が写真を印刷してくれます。

ネットで注文する際には、サイズなども細かく設定できるので、自宅で落ち着いて注文した上で、コンビニに足を運んでプリントアウトをするという方法が良いでしょう。

ステップ2:写真を切り取る

写真をシール加工するためには、シールの大きさに写真をカッティングしていきます。

はさみやカッター、どちらを使っても問題はありません。

ステップ3:シールメーカーを使うと簡単にシール作成ができる

印刷した写真をシール加工するには、ザイロンのようなシールメーカーを利用するのが便利です。

シールメーカーを持っていない人は、最初に購入しておく必要がありますが、ネットで業者にオリジナルシール作成を依頼することが多い人なら、自宅にシールメーカーを持っていれば、気軽にオリジナルシールをいつでも自由に作りやすくなるのではないでしょうか。

ステップ4:シールメーカーがなくてもシール加工はできる

シールメーカーを使わずにオリジナルシールを制作するなら、切り取った写真を100均などで購入したラミネートフィルムに挟み込んで、強度と防水性をアップさせましょう。

サイズが大きな素材だと、100均で販売されているようなラミネートフィルムではサイズ的に不足かもしれませんが、はがきサイズよりも小さいぐらいの大きさの素材なら、問題なく100均で購入出来ます。

ステップ5:接着面はどうする?

ラミネートフィルムで挟み込んだ素材の裏面を接着面にする方法は、2通りあります。

1つ目は、両面テープを使うという方法です。

シールの大きさに合わせて両面テープを貼ってカットすれば、完成度が高くてぴったりと接着できるオリジナルシールが完成します。

2つ目の方法は、ノリやボンドを固めて接着面を作るという方法です。

ラミネートフィルムの裏面のようにツルツルしている場所に、水ノリやボンドを少し厚めに垂らして乾燥させます。

完全に乾燥させると、ノリやボンドの接着作用によってどんな所にもシールとして貼ることができるようになります。

しかも、剥がして何回でも貼れるので、一時的に貼りたい場所にもおすすめです。

オリジナルシール作成ができる店はある?

イラストや写真などの素材を持ち込むと、シールを作ってくれる店はあるのでしょうか。

コンビニがダメでも、他に足を運びやすい店があるのなら、そこに持ち込めばネットを使わなくてもオリジナルシールを作ることができます。

カメラのキタムラではシール加工サービスがある

全国展開されているカメラのキタムラでは、シール加工サービスを提供しています。

これは、カメラのキタムラのWebで写真を現像するなどのサービスを利用すると、店舗でシール加工もしてくれるというもの。

無料でやっているサービスとして人気があります。

写真だけ持って行ってもNG

カメラのキタムラのサービスは、ここで写真を現像した利用者向けのサービスとして提供されています。

しかも無料と言うこともあり、ただシールを作ってほしいからと写真を店舗に持ち込んでも、シール加工してもらうことはできません。

注意してください。

もしも足を運びやすいロケーションにカメラのキタムラがあり、シール加工を利用したい人は、写真の現像サービスをWebから注文して、店舗受け取りにすると良いでしょう。

頻繁にオリジナルシールを制作するなら、シールプリンターの購入がおすすめ

コンビニでオリジナルシール作成をするような手軽さで、気が向いた時にサッと簡単にシールを作りたい人は、スマホからシールの素材を送ってシール台座に印刷できるシールプリンターを購入するという方法がおすすめです。

自宅にプリンターがあれば、いつでも好きな時に好きな素材でオリジナルシールを作れるでしょう。

人気なのはキャノンのインスピック

スマホ用ミニフォトプリンターとして人気のキャノンインスピックは、オリジナルシール作成プリンターとしても人気があります。

手軽に利用できますし、使い方はとても簡単なので、初めての人やメカに弱い人でも安心です。

最初にプリンターを購入しなければいけないので費用は掛かってしまいますが、頻繁に業者へシール制作を注文する場合と比べると、使用することによってかかった費用を回収できますし、自宅で簡単に時間をかけずにオリジナルシールを作れるという点で、大きなメリットがあります。

コンビニでシール作成はできません

コンビニのような場所で、シール台座にオリジナルシールを印刷することができれば、とても便利なものです。

しかし残念ながら、2020年の段階では大手コンビニではオリジナルシールの台座はセットされていませんし、シール用紙を手差しで入れて印刷することもできません。

コンビニのマルチコピー機を利用する場合には、写真を印刷した上で、自分でシール加工する作業が必要です。

シール台座に印刷したい時には、カメラのキタムラのシール加工サービスやネット業者のシールラボのサービスなどを利用するのが、手間をかけずに最も便利でラクチンなシール作成方法かもしれません。