シール 1枚から作れるのが嬉しい!オリジナルシールの魅力とは?

ステーショナリーや小物にサッと貼ことができるオリジナルシールは、業者に依頼すれば簡単に作ることができます。

シール 1枚から作れる業者もたくさんあるので、大きさやデザインなどを工夫しながら、世界に一つだけのシールを制作してみてはいかがでしょうか。

業者ですでに用意されているテンプレートを利用して注文してもOKですし、写真やイラストなど、自分の好きな素材を使ってシールづくりができるのもまた、大きな魅力です。

オリジナルシールを作るメリットは多い

既製品のシールではなく、オリジナルのシールを作ることには、たくさんのメリットがあります。

シール好きにとっては、既成のシールでも楽しくて可愛いものなら満足ですが、オリジナルのシールなら満足度がさらにアップすることは請け合いです。

記念品としてのプレゼントなら喜んでもらえる

オリジナルシールは、何かのイベントで記念品として渡すと、とても喜んでもらえます。

大きさ的にもコンパクトなので、渡す側も受け取る側も負担になりませんし、いろいろな所にペタペタ貼れるシールは、もらって楽しいアイテムです。

結婚式や誕生日、入学式や卒業式などのイベント時の写真を使えば、永久保存版のシールにもなりそうです。

日常的にも使い勝手が良い

サークルや会社のロゴなどをプリントしたオリジナルシールなら、お客様に渡すパンフレットやファイルなどにペタっと貼ることにより、マーケティング効果が期待できます。

販売している商品のオリジナルシールを作れば、高い宣伝効果になります。

書類にプリントアウトするよりも、シールを貼ることによってインパクトを与えることができますし、資料や書類をよりカスタマイズしやすくなるというメリットも期待できます。

耐久性が良いから長持ち

業者に依頼して制作するオリジナルシールは、耐久性に優れた素材とインクを使っています。

そのため、少しぐらい濡れても印刷がにじんだり破れたりすることがなく、長持ちするというメリットが期待できます。

インパクトが強いから喜ばれる

子供の頃にはいろいろなシールをいろいろな所にペタペタと貼って遊んでいたという人は多いでしょう。

しかし大人になると、シールとは縁遠くなってしまう人は多いものです。

しかしオリジナルシールを利用すると、インパクトが強いため、そこに印刷されているものを他の人に覚えてもらいやすいというメリットがあります。

オリジナルシールにはたくさんの商品がある

オリジナルシールには、たくさんの種類があります。

どんな目的でどんな場所で使うのかによって、印刷をするシール素材やインクの種類は異なります。

そのため、シールを作る際には、どこでどんな風に使うのかをシミュレーションした上で、適切な商品を選ぶのが良いでしょう。

シール印刷の印刷方法

オリジナルシールの印刷方法には、凸版シール印刷方法と、デジタル印刷方法とがあります。

凸版印刷ではロール状のインクを押し当てて印刷するという方法で、単色印刷で大量の枚数を印刷するときにはコスパが良い方法です。

一方、デジタル印刷では、インクジェット方法を使ったカラー印刷が可能で、美しいグラデーションなども印刷で表現することが可能です。

シールだからといってプリントの品質を妥協する必要はありません。

ステッカー印刷なら防水性が期待できる

オリジナルシールの中には、アウトドア使用を目的としたステッカーなどがあります。

これは屋外で使うことを前提としているので、耐候性がある塩ビ素材が使われることが多く、雨などでインクが落ちない高い防水性が期待できます。

塩ビ素材への印刷でも、フルカラー印刷が可能で、シール 1枚から注文できる業者もたくさんあります。

シールとステッカーの違いとは?

シールとステッカーは、どちらもオリジナルのデザインや文字を入れて制作できます。

ペタッと貼って使うという点では、シールもステッカーも同じですが、一般的にはシールは屋内用とで使うものを指すのに対し、ステッカーは屋外用とで使うものを指すことが多いという特徴があります。

屋内使用と屋外使用とでは、素材やインクが異なるため、注文する際にはきちんと確認することが必要です。

オリジナルシールのサイズは多種多様

オリジナルシールは、シール1枚から注文できる業者はたくさんありますし、それぞれのシールやステッカーのサイズも業者や商品によって多種多様です。

コンパクトなシールから大きめのシールまで、ニーズや用途に合わせて選びましょう。

ロゴシールや商品ラベルシールは使い勝手が良い

ロゴシールや商品ラベルシール、また封筒の差出人の所に貼ることができる住所シールなどは、コンパクトなサイズで作ることができます。

一枚の紙にたくさんのシールを印刷できるだけでなく、屋内使用のものなら特に防水加工などをする必要がなく、紙素材で印刷すればリーズナブルに制作できます。

自転車のステッカーもオリジナルシールが役立つ

自転車に貼るステッカーは、オリジナルシールの中では人気が高いアイテムです。

そのため、シール1枚から注文できる業者はたくさんありますし、色やサイズがすでにテンプレートとしてラインナップされている商品もたくさんあります。

自転車通学をする生徒に対して発行するために、学校からの注文が多いアイテムでもあります。

オリジナルシールの作成方法

オリジナルシールを作成は、とても簡単です。

どんなシールを作るのか、アイデアをまとめる

オリジナルシールづくりでは、業者でラインナップされているテンプレートをそのまま使ったり、少しアレンジすることができる他、写真やイラストなど自分が気に入っている素材を使って完全にカスタムメイドで制作することもできます。

まず初めに、具体的にどんなシールにするのか頭の中でシミュレーションします。

業者ごとに、取り扱う商品が異なります。

そのため、まずは商品を選んでから、どんなシールにするのかを決めましょう。

素材を加工する

写真やイラストなどのオリジナル素材を使う場合には、画像編集ソフトを使って背景を透過させたり白押さえ処理をするなどして、シールとして印刷した時に完成度が高くなるように編集してあげると良いでしょう。

自分で画像編集ソフトを持っていない場合には、業者のWebサイトでデザインツール機能が完備されていることがあるので、そうした機能を使う方法もおすすめです。

最小ロット数を確認して注文する

オリジナルシールの作成では、業者や商品ごとに最小ロット数が異なります。

最小ロット数というのは最小注文数のことで、1枚から注文できるものもあれば、10枚とか100枚という単位で注文しなければいけないものもあります。

オリジナルシールは用途やニーズに合わせて作りたい

オリジナルシールは、紙にプリントする屋内用のものや、塩ビ素材に印刷する屋外用のものまで多種多様です。

用途やニーズに合わせて制作するためには、まずどこでどんな風にシールを使うのかをシミュレーションした上で注文するのがおすすめです。

1枚から注文できる業者はたくさんあるので、複数必要ない人なら1枚からOKの業者を探すと良いでしょう。